Blog

アメリカには「サムシング・フォー」という結婚式で花嫁さんが「なにか古いもの」「なにか新しいもの」「なにか借りたもの」「なにか青いもの」の、4つのものを身につけると幸せになれるという風習・言い伝えがあります。

花嫁が未婚の女性にブーケを投げるブーケトスに対して、花婿が未婚の男性に行うのが「ガータートス」といいこれは花婿が花嫁のスカートに潜り込み、花嫁の身に着けているガーターを外して参列者に向けて放り投げるというもので、日本ではまだ馴染みがないものですが近い将来日本にも広まるかもしれないですね。

そのほかにも「ブライズメイド」や「グルームズマン」といった花嫁・花婿の付添人の違いがありますが、日本でもブライズメイドは花嫁の友人たちが同じドレスを着て参加したりと最近では広まっていると思います。

一生に一度の結婚式なのでアメリカ流でも日本流でも素敵なものにしたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。